※当サイトの一部記事内には広告が含まれている場合があります。

Server

【ラグなし】Minecraftにおすすめのレンタルサーバーを7社比較して3つを厳選!

マインクラフトのレンタルサーバーを探す際に、安くて快適にプレイでき、セットアップも簡単な人気のサーバーを比較・選択するためのポイントをご紹介します。

結論:Minecraftにおすすめのレンタルサーバー3選

マインクラフトにおすすめのレンタルサーバー(VPS)は以下の3つです。特にConoHa for GAMEXserverゲームは、自動構築機能付きでマルチサーバーの構築が初心者でも簡単にできるのでおすすめです。


- 初心者におすすめ! ConoHa for GAME
- コスパで選ぶなら!ゲーム用Xserver
- MOD導入におすすめ さくらのVPS

ConoHa for GAME


- ▼レンタルサーバー初心者におすすめ
- ▼使いやすいゲーム特化型VPS
- ▼自動でマインクラフトサーバー構築可能

\\割引キャンペーン実施中!/
ConoHa for GAME 公式サイトはこちら

Xserverゲーム


- ▼レンタルサーバーシェアNo.1のXserverが運営
- ▼自動でマインクラフトサーバー構築可能
- ▼性能とコストパフォーマンスに優れる

\\キャンペーン実施中!/
Xserverゲーム 公式サイトはこちら

さくらのVPS


- ▼大容量SSDでロード時間短縮
- ▼「影MOD」や「工業MOD」の導入に最適
- ▼構築用スクリプト提供あり

さくらのVPS 公式サイトはこちら

※価格は全て税込みです。

この記事では、マインクラフトにおすすめの安心・安全なレンタルサーバー(VPS)について、以下の内容を詳しく解説します。


1. マインクラフトのおすすめレンタルサーバー7社比較表
2. マインクラフトのおすすめレンタルサーバーランキング
3. 無料のマインクラフト用レンタルサーバーはある?
4. レンタルサーバーがマインクラフトにおすすめな理由
5. マインクラフトのレンタルサーバー選び方のポイント
6. マルチプレイ人数に適したプラン選択の仕方

マインクラフトにおすすめのレンタルサーバー7社比較表

マインクラフトにおすすめのレンタルサーバー(VPS)の料金やスペックを比較しました。(スクロール可能)

※価格は全て税込です。

最も安いのは、800円割引クーポンが使えるConoHa for GAMEです。またはキャンペーン中のゲーム用XserverShin VPSもお得でおすすめ。

マインクラフトにおすすめのレンタルサーバー(VPS)7選

マインクラフトにおすすめのレンタルサーバーとして、以下のVPSサービスをご紹介します。


- マルチサーバー簡単管理なら→ConoHa for GAME
- 信頼と実績で選ぶなら→Xserverゲーム
- MOD導入におすすめ→さくらのVPS
- 快適さ重視なら→Shin VPS
- 日割りのVPSなら→KAGOYAクラウドVPS
- 国内最安値の月額330円~→アゲームス
- 公式のMinecraftサーバーなら→Realms

ConoHa for GAME

GMOインターネットグループ株式会社が運営するConoHa for GAMEは、誰でも簡単にマインクラフトのマルチサーバーを構築できるVPSです。無料のテンプレートを使えば、コンソール画面での難しい設定なしですぐにマルチプレイを始められます。

申し込み時にマインクラフトのテンプレートを選ぶだけで、数ステップでサーバー構築が完了する分かりやすさが初心者におすすめのポイントです。

▲ マインクラフト以外にもARKやRust、パルワールドなどのテンプレートを用意。

また、ConoHa for GAMEなら専用の管理ツール「マインクラフトマネージャー」でマルチサーバーを簡単に管理できます。複雑なコマンド操作なしで、バージョンアップや自動バックアップの設定などがクリック操作だけで行えるのがVPS初心者に優しい点です。


【ConoHa for GAMEの主な料金プラン】

- 2GBプラン 月額2,033円(36ヶ月の長期割引パスなら780円)
- 4GBプラン 月額3,969円(36ヶ月の長期割引パスなら1,606円)
- 8GBプラン 月額8,083円(36ヶ月の長期割引パスなら3,128円)

※価格は全て税込み。

\ ConoHa for GAMEの公式サイトを見る /

 

ConoHa for GAMEでマインクラフトサーバーを構築する方法

\ConoHa for GAMEで最大1ヶ月無料でマインクラフトサーバーを!/

Xserverゲーム

レンタルサーバー国内シェアNo.1のエックスサーバー株式会社が提供する仮想サーバーXserverゲームも、申し込み時に「マインクラフト」を選ぶだけで自動インストールされ、簡単にマルチサーバーを構築できます。

大手企業のXserverが運営するVPSなので安心して利用できるのも魅力の一つです。

Xserverゲームの強みは高い処理性能です。他社サービスよりCPUの処理速度やディスクの読み書き速度が速いため、プレイ中のカクつきや途切れを防げます。

さらに、専用の管理ツール「マインクラフトマネージャー」の提供もあります。

実績ある信頼のVPSを使いたい方や、サーバー管理を手軽に行いたい方におすすめのレンタルサーバーです。

Xserverゲームの評判はこちら

マインクラフトにおすすめのVPSがお得!
Xserverゲーム:自動構築可能なマインクラフトサーバー

【2023年4月30日まで】最大40%OFF!月額498円~のキャンペーン実施中で初期費用も無料です。
パルワールドをお得に始めたい方は以下よりお申し込みください。

Xserverゲームの公式サイトはこちら

さくらのVPS

さくらインターネット株式会社が提供するさくらのVPSは、他社と比べ業界トップクラスの大容量SSDを搭載しているのが特徴です。そのため、「影MOD」や「工業MOD」など大量のMOD導入したい方におすすめです。

レンタルサーバー SSD容量 月額料金
さくらのVPS
メモリ4GBプラン
200GB
(400GBに変更可)
3,227円~
Xserverゲーム
メモリ4GBプラン
100GB 1,705円~
ConoHa for GAME
メモリ4GBプラン
100GB 3,969円~
アゲームス
メモリ4GBプラン
25GB
(50GB or 100GBに変更可)
1,650円~

※価格は全て税込です。

大容量SSDは、「影MOD」や「工業MOD」など重いMODの導入時に特に容量を必要とします。
また、ロード時間の短縮にもつながるため、快適さを重視する方にもおすすめのVPSです。

さくらのVPSでは、マインクラフトサーバーの自動構築サービスやインストールマニュアルも提供されているので、初心者の方も安心して始められます。

さくらのVPSの評判はこちら

  シン・VPS

株式会社Thinkcloudが運営するシン・VPSも、簡単にマインクラフトサーバーを構築できるVPSサービスです。

Shin VPSでは、以下の8種類のマインクラフトサーバーがワンクリックでプレイ可能です。


- Minecraft Java版
- Minecraft統合版
- Minecraft Forge
- Minecraft Spigot
- Minecraft Paper
- Minecraft Mohist
- Minecraft SpongeVanilla
- Minecraft Purpur

MODやプラグインサーバーとしても使える高性能なレンタルサーバーをお探しの方におすすめです。

またXserverゲームとの違いは以下の通りです。


- Xserverゲームはゲーム専用、Shin VPSは汎用VPS
- ディスク容量最大1,600GB(NVMe SSD)
- 通常はXserverゲームの方が安い

シン・VPSはゲーム特化型ではありませんが、高性能でマインクラフトやパルワールドなどゲーム用のテンプレートも充実。快適にゲームを楽しみたい方向けのVPSと言えます。

通常の料金設定は高めですが、Shin VPSはキャッシュバックキャンペーンを頻繁に行っているので、タイミングが合えば初期費用が大幅にお得になります。

お得なタイミングを逃さないよう、Shin VPS公式サイトをこまめにチェックしておくことをおすすめします。

Shin VPSの評判を見る

KAGOYAクラウドVPS

カゴヤ・ジャパン株式会社が運営するKAGOYAクラウドVPSの特徴は、日本では珍しい日割り課金制に対応していることです。1日20円から日単位で利用でき、お得にマインクラフトを楽しめます。

プレイしたい時だけサーバーを立ち上げ、不要になったらすぐ解約できるので、サーバー維持費用を最小限に抑えられます。設定や解約も簡単なので便利です。

公式サイトにはサーバー構築やインストール方法の解説があり、「とりせつ」というマニュアルも用意されているので、VPS初心者の方にもおすすめです。

▲ マインクラフト以外にもARKやパルワールド、Rustなど幅広いゲームに対応。

また、KAGOYAクラウドVPSのもう一つの特徴は、サーバースペックがコントロールパネルから簡単に変更できること。

より大規模なサーバーを立てたくなった時にもすぐ対応でき、KAGOYAクラウドVPSなら安心です!

KAGOYAクラウドVPSの評判はこちら

アゲームス

Awakening LLCが運営するアゲームスは、国内最安値クラスの月額料金220円(税込)~利用できるマインクラフト用のVPSサービスです。


- 月額330円のプランを用意しているVPSは少ない
- できるだけ費用をかけずに利用したい方に最適
- 最大100人までマルチプレイ可能

また、通常はMODサーバーの導入にコマンドの発行などの作業が必要ですが、アゲームスではMODサーバー「Forge」がワンクリックでインストール可能。MODサーバーでプレイしたい方にもおすすめです。

アゲームスが提供するサーバーの種類も豊富なので、試してみたいサーバーがないかチェックしてみてください。


【利用できるサーバーの例】
- バニラ(Vanillaサーバー)
- Paper(プラグインサーバー)
- Spigot(プラグインサーバー)
- Mohist(MOD&プラグインサーバー)
- Bedrock(統合版)

Realms Plus

Minecraft公式のマルチサーバーサービスが「Realms」です。

RealmsにはJava版と統合版の2種類があり、統合版は「Realms Plus」というサービス名になります。

最大11人までのマルチプレイが可能なので、友達や家族とマインクラフトを楽しみたい方におすすめのレンタルサーバーです。

ただしRealmsの場合、サーバーにMODを導入することはできません。

そのため、MODを入れてマインクラフトを遊びたい場合は、Realms以外の有料・無料のレンタルサーバーを利用する必要があります。

一方で、公式運営のサーバーならではのメリットもあります。


- 不具合が少ない
- サーバー構築が簡単
- 公式サービスなので安心してプレイできる

マインクラフトのサーバー「Realms」とは?

プラン 料金(月額)
Minecraft Realms
(Java版)
$7.99
Minecraft Realms Plus
(統合版)
$3.99

マインクラフト用の無料レンタルサーバー2選

無料で使えるマインクラフト用のレンタルサーバーもご紹介します。

Aternos

Aternosは、最大で空きメモリ1GBまで無料で利用できるレンタルサーバーです。

無料の1GBというメモリ容量は少し物足りないため、大規模なマイクラ環境の構築には向きません。1GBなら2~3人程度での利用がおすすめです。

Aternosの主なメリットは、サーバーにMODやプラグインをインストールできる点。影MODや工業MODなどの人気MODを無料でサーバーに導入可能です。

▲ Java版と統合版の両方に対応しており、サーバー構築時の設定も簡単。

無料マインクラフトサーバー「Aternos」の使い方

 

server.pro

server.proも、無料で利用できるメモリ容量は1GBと少ないですが、無料のSSD容量は最大5GBあるのが特徴です。SSD容量が多いとロード時間が短くなり、より快適にマインクラフトを遊べるようになります。

マインクラフト専用のテンプレートも用意されているので、マルチサーバーの構築に難しい作業は必要ありません。

注意点としては、server.proの公式サイトや管理画面は全て英語表記のみなので、ある程度の英語力が求められます。

ただ、無料で5GBものSSDを使えるレンタルサーバーは貴重なので、英語に慣れている方はserver.proを検討してみてください。

無料マインクラフトサーバー「server.pro」の使い方

 

マインクラフトにレンタルサーバー(VPS)がおすすめな理由

マインクラフトにレンタルサーバーがおすすめな理由は以下の3つです。


1. サーバーPCやルーター等の用意が不要
2. 自宅のPCを消費せず24時間稼働可能
3. プレイ時間に関わらず電気代がかからない

サーバーPCやルーター等の用意が不要

自宅にマルチサーバーを立てる場合、サーバー用のPCやルーターなどを自分で準備しなければなりません。

最初から自宅PCでマインクラフト環境を構築するのは、時間がかかるだけでなく、サーバー構築自体が初心者には難しい作業です。

一方、レンタルサーバーならサーバーPCやルーターを自分で用意する必要はありません。

各レンタルサーバーには、マルチプレイ人数に合わせたプランが用意されています。

そのため、サーバースペックを全て自分で検討する手間が省けるのもポイントです。事前に計画を立てておけば理解しやすいでしょう。

自宅のPCを消費せず24時間稼働可能

自宅にサーバーPCを用意する場合、サーバーをセットアップしている間はPCを起動し続ける必要があります。

PCを常時起動状態にしておくと、PC内部に熱がこもり、パーツに負荷がかかります。ファンを設置しても、完全にPC内の熱を逃がすことはできないのです。

一方、レンタルサーバーならサーバー上にマインクラフト環境を構築するので、自宅のPCを常時起動しておく必要がありません。

自宅のPCは、マインクラフトをプレイする時だけ電源を入れ、プレイが終わったら電源を切ることができます。PCに常に電源を入れておく必要がなくなり、負担を軽減できるのです。

プレイ時間に関わらず電気代がかからない

レンタルサーバーのメリットとして、マインクラフトを遊ぶ時間の長さに関わらず電気代がかからない点も見逃せません。

レンタルサーバーの利用料は、契約したプランの月額料金のみ。毎月の支払額が固定なので、安心してマインクラフトを楽しめます。

一方、自宅にサーバーPCを用意すると、サーバー稼働中は電気代がかかり続けます。

そのため、サーバーを長時間起動するほど電気代も高くなるので注意が必要です。

電気代を気にせずマインクラフトを遊びたいなら、レンタルサーバーの利用がおすすめです。

マインクラフトのレンタルサーバーの選び方

マインクラフトのレンタルサーバーを選ぶ際は、以下のポイントに注目しましょう。


1. 共用サーバーではなく「VPS」を選ぶ
2. 他のゲームもプレイできるか
3. 人数やMOD数に合わせてプランを選択
4. 後からプラン変更が簡単なサービスがおすすめ
5. マルチサーバーの「自動構築機能」はあるか
6. マインクラフト専用ツールでサーバー管理が楽になる
7. 自動バックアップ機能の有無もチェック

共用サーバーではなく「VPS」を選ぶ

マインクラフトのサーバーを立てる場合、いわゆる「レンタルサーバー(共用サーバー)」ではなく、「VPS(仮想専用サーバー)」の利用がおすすめです。

ゲーム用のサーバーには、アクセスが集中しても安定した仮想環境を構築できるVPSが適しています。

また、ほとんどのVPSサービスには、ゲーム環境を簡単に作れるゲーム特化のテンプレートが付属しているのもVPSが推奨される理由の一つです。

VPSとレンタルサーバーの違いとは?

一般的に「レンタルサーバー」と言えば、1台の物理サーバーを複数ユーザーで共有する「共用サーバー」のことを指します。


【共用サーバーのデメリット】
- 他ユーザーの影響を受けやすい
- 細かな設定変更ができない

※運用コストが安いなどのメリットもあり

一方のVPSは、1台の物理サーバー上にユーザーごとの仮想環境を構築するタイプのサーバーです。

同じ物理サーバー上でも、ユーザーごとに環境が分かれているため、他ユーザーの影響を受けにくく、自由に設定変更ができるのが特徴です。

そのため、同一サーバー上の他のサイトにアクセスが集中しても、自分のマインクラフト環境には影響が及びません。

共用サーバーとVPSについてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

【図解】VPSとは何?レンタルサーバーとの違いを比較・解説

他のゲームもプレイできるか

マインクラフト以外にもマルチサーバーを立ててプレイしたいゲームがある場合は、「他のゲームにも対応しているか」という視点でVPSを選ぶのがおすすめです。

ゲーム特化型のレンタルサーバーの中には、マインクラフトだけでなく、パルワールドやARKなど他ゲームのテンプレートも揃えているサービスが多いです。

例えば「Xserverゲーム」で利用できるゲーム用テンプレートは以下の通りです。

当サイトでは、ゲームごとのおすすめVPSも紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

【最新版】ゲームにおすすめのレンタルサーバー(VPS)を徹底比較

【最新版】パルワールドにおすすめのレンタルサーバー(VPS)5選

【最新版】ARKにおすすめのレンタルサーバー(VPS)5選

人数やMOD数に合わせてプランを選択

マインクラフトのサーバーを立てる際は、マルチプレイ人数やMOD数に合わせて、自分のニーズに最適なスペックと料金のサーバープランを選ぶ必要があります。

例えば、マルチプレイヤーが50人いたとしても、サーバーのメモリ容量が2GBしかないと、マインクラフトの動作が重くなってしまいます。マップデータの読み込み時にメモリを消費するからです。

また、MODを複数導入するとメモリを消費するので、その点も考慮が必要です。

サーバースペックの目安が分からない方は、以下のメモリ容量ごとのマルチプレイ人数とMOD数の目安表を参考にしてください。

メモリ容量 同時接続可能人数の目安 MOD/プラグインの目安数
2GB 10人程度 10個程度
4GB 25人程度 40個程度
8GB 60人程度 80個程度
16GB 100人程度 100個程度

マインクラフトサーバーに必要なメモリ

後からプラン変更が簡単なサービスがおすすめ

レンタルサーバーを選ぶ際は、「後からプランを簡単に変更できるか」という点もチェックしておきましょう。

マインクラフトをプレイしていると、マルチプレイの人数が増えてきて、より大規模な環境を構築したくなることがあります。

そんな時、契約中のプランを手軽に変更できると便利ですよね。コントロールパネルから数クリックでプラン変更ができるレンタルサーバーもあります。

ただし、レンタルサーバーによっては、プランのアップグレードはできてもダウングレードができない場合があるので注意が必要です。

マルチサーバーの「自動構築機能」はあるか

マルチサーバーの構築に慣れていない方や初心者の方は、マルチサーバーの「自動構築機能」の有無もチェックしておきましょう。


【マインクラフト自動構築機能付きのVPS例】
- ConoHa for GAME
- Xserverゲーム

自動構築機能がない場合、サーバーの知識とコマンドプロンプトでの作業が必要になります。特に初心者の方にとって、マルチサーバーを一から構築するのはかなりハードルが高いでしょう。

一方、自動構築機能が使える場合は、サーバー追加時にテンプレートを選ぶだけで済みます。

サーバー構築に時間をかけたくない方や、サーバーの知識がない方は、マルチサーバー自動構築機能付きのVPSを選ぶのがおすすめです。

マインクラフト専用ツールでサーバー管理が楽になる

マインクラフト専用のツールがあると、サーバー管理が楽になるのでおすすめです。

例えば、ConoHa for GAMEでは「マインクラフトマネージャー」というマインクラフトのマルチサーバーを手軽に管理できるツールを提供しています。

通常、複数のサーバーを管理するにはコマンド操作とサーバーの知識が求められます。

しかし管理ツールを使えば、サーバーのバージョンアップや自動バックアップ設定の変更などが、クリック操作だけで完了します。誰でも簡単に設定ができるのです。

自動バックアップ機能の有無もチェック

レンタルサーバー選びの際は、自動バックアップ機能があるかどうかも必ず確認しましょう。

VPSを利用している場合、障害や設定ミスによってマインクラフトの環境が消えてしまう可能性があります。

もしマインクラフトの環境を誤って削除してしまった場合、データのバックアップを取っていないと、元の状態に戻すことができません。せっかく作ったマインクラフトの環境が消えてしまうのは避けたいですよね。

自動バックアップ機能があれば、もしもの時も安心です。データの復元ができるので、安心してマインクラフトを楽しめます。

トラブルに備えて、自動バックアップ機能付きのレンタルサーバーを選ぶようにしましょう。

自動バックアップ機能がない場合は、必ず定期的に手動でバックアップを取るようにしてください。

マインクラフトのレンタルサーバーに関するよくある質問

マインクラフトのレンタルサーバーに関するよくある質問をまとめました。

マインクラフトで安全なレンタルサーバーはありますか?

以下のレンタルサーバー(VPS)は信頼できる国内企業が運営しているので、安心して利用できます。


【マインクラフトで安全なレンタルサーバーと運営会社】
- ConoHa for GAME GMOインターネットグループ株式会社
- Xserverゲーム 株式会社エックスサーバー
- さくらのVPS さくらインターネット株式会社
- KAGOYAクラウドVPS 株式会社カゴヤ・ジャパン

マインクラフトのサーバー構築方法は?

マインクラフト用のテンプレートや自動構築機能付きのVPSを選べば、数クリックの簡単な操作でサーバーをセットアップできます。

詳しい手順は以下の記事を参考にしてください。

Java版でおすすめのレンタルサーバーは?

Java版では、以下のレンタルサーバーがおすすめです。


【Java版でおすすめのレンタルサーバー】
- ConoHa for GAME
- Xserverゲーム
- さくらのVPS
- Shin VPS
- KAGOYAクラウドVPS

どのレンタルサーバーにもマインクラフト用のテンプレートが用意されており、誰でも簡単にマルチサーバーを構築できます。

契約プランの変更も手軽にできるので、段階的にマインクラフトの環境を拡張していきたい方におすすめです。

レンタルサーバーごとにサーバースペックや料金体系が異なるので、自分に合ったレンタルサーバーを選びましょう。

統合版でおすすめのレンタルサーバーは?

統合版でおすすめのレンタルサーバーは「Realms Plus」です。

マインクラフト公式が運営するサーバーなので、不具合が少なく、サーバー構築が簡単などのメリットがあります。

最大11人までのマルチプレイが可能なので、友達や家族とマインクラフトを楽しみたい方にもおすすめです。

もちろん、ConoHa for GAMEやXserverゲームなどのVPS上でも統合版をプレイ可能です。

レンタルサーバーにMODを導入する方法は?

レンタルサーバーにMODを入れるには、コマンドプロンプトで特定のコマンドを発行する必要があります。

ただし、コマンドを使ってMODを導入するのは初心者には難しく、うまくいかないケースも多いので注意が必要です。

MODの導入手順を図解付きで解説しているレンタルサーバーもあれば、アゲームスのようにワンクリックでMODサーバーをインストールできるレンタルサーバーもあります。

MODの導入方法はレンタルサーバーによって異なるので、MODを入れたい場合は各社のMOD導入手順を確認しましょう。

VPSを使って100人規模のマルチプレイは可能?

VPSを利用すれば、100人規模のマインクラフト環境を構築することが可能です。

ただし、100人規模の環境を作るには、メモリ容量やCPUコア数などサーバースペックに気を付ける必要があります。スペック不足だとパフォーマンスが落ちたりサーバーがクラッシュしたりする恐れがあるからです。

100人用のマインクラフト環境の構築に必要なサーバースペックについては、以下の記事で詳しく解説しています。

自動バックアップ機能はあった方がいい?

もしもの時に備えて、自動バックアップ機能はあった方がいいでしょう。

バックアップを取っていない場合、障害や設定ミスで環境が消えた時、同じ環境を再現することができません。

手動でデータをバックアップすることもできますが、手間と時間がかかり、定期的にバックアップを取る必要があります。バックアップを取り忘れてしまう可能性もあります。

サーバー管理に詳しくなく、環境を消したくない場合は、自動バックアップ機能付きのレンタルサーバーを選ぶのがおすすめです。

レンタルサーバー(VPS)を安く申し込む方法は?

レンタルサーバー(VPS)を安く申し込むなら、期間限定のキャンペーン中の申し込みがおすすめです。

ConoHa for GAMEやXserverゲームでは、割引やキャッシュバックキャンペーンを頻繁に行っているので、定期的にチェックしてみましょう。

最新のキャンペーン情報は以下の記事で確認できます。

Mac上でマインクラフトのサーバーを立てられる?

Java版のマインクラフトなら、Mac OS上にサーバーをセットアップすることもできます。

Mac上で統合版をプレイすることも不可能ではありませんが、複雑な設定が必要になります。具体的には、Mac上に仮想のWindows環境を用意しなければいけません。

 

ただ、Macのスペックはゲームに適していないことが多いので、快適にプレイするならレンタルサーバーを利用してマインクラフトサーバーを立てるのがおすすめです。

マインクラフトは無料で遊べる?

実はマインクラフトを無料で遊ぶ方法があります。


【マインクラフトを無料で遊ぶ方法】
1. 無料サイト「Minecraft Classic」を利用する
2. 無料の「マインクラフト体験版」をダウンロードする

「マインクラフトクラシック」は、昔のバージョンのマインクラフトがブラウザ上で遊べるサービスです。

「マインクラフト体験版」は、その名の通りマインクラフトの体験版です。

マインクラフトを無料で遊ぶ方法について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

 

-Server