※当サイトの一部記事内には広告が含まれている場合があります。

VPN

違法?PS5におすすめのVPNと接続方法を解説!禁止事項や注意点も調査

PS5でVPNを使用することをお考えの方へ、本記事では導入のメリット・デメリットや設定方法、おすすめのVPNサービスなどについて詳しく解説します。

VPNの利用は違反行為にはならないものの、グレーゾーンであることに留意しましょう。
PS5でより快適で安全なゲーム体験を得るために、ぜひ参考にしてください。

PS5でVPNの使用は規約違反?

PS5でオンラインマルチプレイやPS Storeの利用には、PlayStation Networkへの加入が必須です。
PSNの利用規約を確認したところ、VPNの使用を明示的に禁止する文言は見当たりませんでした。ただし、以下のような注意点が記載されています。


・登録情報と実際の居住国が一致しない場合、サポートを受けられない可能性がある
・日本国外で入手したゲームやアイテムの動作保証はない

つまり、VPNでゲームをダウンロードすること自体は問題ありませんが、トラブルが起きた際のサポートは期待できないということです。グレーゾーンであることを理解した上で利用しましょう。

PS5にVPNを導入するメリット

PS5でVPNを活用することで、以下のようなメリットが得られます。


1. 海外で配信されているコンテンツにアクセスできる
2. 日本未発売のゲームを先行プレイ可能
3. DDoS攻撃などのサイバー攻撃リスクを軽減できる
4. 海外サーバーでのマルチプレイが可能になる

VPNを経由することで、地理的制限のあるNetflixなどの動画配信サービスの海外コンテンツを視聴可能。また、発売日に国や地域差のあるゲームタイトルを、日本での配信を待たずにプレイできます。セキュリティ面では、VPNでIPアドレスを隠蔽することでDDoS攻撃のリスクを下げられるほか、海外のサーバーに接続してマルチプレイを楽しむこともできるでしょう。

PS5でのVPN導入における注意点

一方、PS5にVPNを導入する際の注意点としては以下が挙げられます。


- 設定がやや複雑
- 通信速度の低下が起こり得る
- 料金がかかる

PCやスマホと異なり、PS5には専用VPNアプリがないため設定が煩雑になりがち。また、通信の暗号化により速度が落ちる可能性もあります。無料VPNは使わず、セキュリティと速度が担保された有料サービスの利用がおすすめです。

PS5向けVPNの選び方

PS5に最適なVPNサービスを選ぶ際は、以下の観点をチェックしましょう。


- PS5との互換性
- 設定の容易さ
- 十分な通信速度
- 充実したカスタマーサポート
- 機能に見合った価格設定
- 強固なセキュリティ対策

PS5に対応し、スマートDNSなどで簡単に設定できるVPNを選ぶのがポイント。高速な通信と手厚いサポートも重要です。AES-256bitの暗号化やログなしポリシーを備えた、セキュアなサービスを選びましょう。価格と機能のバランスが取れているかもチェック。

PS5におすすめのVPN 4選

PS5向けにおすすめのVPNサービスは以下の4つです。それぞれの特徴を解説します。

1. ExpressVPN|日本人ユーザーに人気の高速VPN

ExpressVPNは日本人ユーザーが多くてオススメ!

ExpressVPNは英領ヴァージン諸島に本拠を置く海外VPNサービスです。2009年から運営されており、NordVPNと並んで知名度・人気が高く、全世界で400万人以上のユーザーを獲得しています。

ExpressVPNの最大の特長は、その名の通り非常に快適で速い通信速度を誇る独自プロトコル「Lightway」です。大容量の画像やビデオのダウンロード・アップロードが頻繁に発生する場合でも、ExpressVPNの優れた通信速度によってこれらのコストを削減し、作業により多くの時間を充てられます。

セキュリティ面でも、ノーログポリシー、VPN接続切断時にインターネット通信を自動遮断するキルスイッチ、AES-256暗号化など十分な対策が施されており、安心して利用できます。

短期・長期どちらのプランも他のVPNサービスと比べるとやや価格が高めなのが難点ですが、多少高くても良いものを使いたい方には特におすすめのVPNサービスと言えるでしょう。

ただし、同時接続可能台数は5台とやや少ないので、会社や家族など大人数での利用には向きません。


- 400万人以上のユーザーを擁するグローバル規模のVPNサービス
- AES-256bitの軍事レベルの暗号化技術を採用
- ユーザー情報を一切記録しないゼロログポリシー
- サーバー接続からわずか数秒で利用可能
- 30日間の返金保証制度あり

月額料金:
・1ヶ月プラン:$12.95
・6ヶ月プラン:$9.99
・12ヶ月プラン:$6.67

サーバー数
1,300以上(72ヵ国)

暗号化方式
AES-256-CBC

同時接続台数
10台

ログ保存ポリシー
ノーログポリシー対応

対応OS
Windows/MacOS/Android/iOS

返金保証
30日間

\お得なVPN割引実施中!/
公式サイトはこちら

2. NordVPN|高い安全性と使いやすさが魅力

Nord VPNは業界No.1の大人気VPN!

ordVPNは2012年にサービスを開始したパナマ拠点の老舗海外VPNサービスです。
1,500万人以上のユーザーを抱え、世界60ヵ国以上に6,000台以上の高速VPNサーバーを展開。

混雑の少ない安定した通信環境を提供しているので、大容量の画像データの編集・アップロード・ダウンロードが発生する作業でも、通信速度が落ちることがありません。

セキュリティ面でも、政府機関や軍でも採用される非常に高い水準の堅牢な暗号化技術「AES-256」を採用しています。

NordVPNの通信ネットワークが高品質なのは、他社にはない独自の通信プロトコル「NordLynx」を採用しているからです。さらに、「ノーログポリシー」「30日間返金保証」「6台同時接続」など、VPN導入ユーザーが最低限求めるサービスを、初心者から上級者まで幅広いユーザー層に提供しています。

あらゆる面で完璧で質の高いサービスを提供するNordVPNの唯一の欠点は、サポートなど一部の機能が完全に日本語化されておらず、翻訳に頼らざるを得ない点です。


- 1,500万人以上のユーザーを抱える人気プロバイダー
- 政府機関や軍でも採用されているAES-256bitの高度な暗号化技術
- 独自プロトコル「NordLynx」による高速通信
- ログを一切保存しないノーログポリシーでプライバシーを厳守
- 24時間365日対応のカスタマーサポート

月額料金(税込):
・1ヶ月プラン:1,960円
・12ヶ月プラン:690円
・24ヶ月プラン:460円

サーバー数
5,600以上(60ヵ国以上)

暗号化方式
AES-256ビット

同時接続台数
6台(1アカウントあたり)

ログ保存ポリシー
ノーログポリシー対応

対応OS
Windows、MacOS、Linux、Android、iOS

\30日間全額返金保証/
公式サイトはこちら

 

3. Surfshark|無制限デバイス接続可能でコスパ抜群

Surfshark VPNは安いし接続スピードも速い!

Surfsharkは英領ヴァージン諸島を拠点とする海外VPNサービスです。2018年にサービスを開始した後発組ですが、同時接続台数無制限でコストパフォーマンスに優れると好評で、徐々に人気が高まっています。

複数メンバーとの共同作業や家族でのシェアを考えると、1~2台のデバイス接続では明らかに不十分です。デバイス接続台数無制限のSurfsharkは、そんなニーズにぴったりのVPNサービスと言えるでしょう。

広告やマルウェアのブロック機能も備わっているので、快適なインターネット通信が可能な多機能ぶりです。

価格の面でも、2年プランに加入すれば月額わずか400円程度で利用でき、接続台数無制限という点も含めて考えるとコストパフォーマンスは抜群に高いと言えます。

Surfsharkは6台以上のデバイスやゲーム機を使用する方、コストパフォーマンスを重視する方に特におすすめのVPNサービスです。


料金プラン(すべてのプランで30日間返金保証付き):
- 1ヵ月プラン:2,308円/月
- 12ヵ月プラン:月額488円
- 24ヵ月プラン:月額358円

サーバー数
3,000以上(94ヵ国の60都市)

暗号化方式
AES-256ビット

同時接続台数
無制限

ログ保存ポリシー
ノーログポリシー対応

返金保証
30日間

サポート
メール/チャット

運営会社
ExpressVPN International Ltd.

短期プランは少し高めですが、2年プランなら月額400円を切る料金で利用できるのはかなりお得。とにかく安く済ませたいという方は検討してみてください。

\お得なVPN割引実施中!/
公式サイトはこちら

 

4. CyberGhost|月額料金が安くて初心者でも使いやすい

CyberGhost VPNは安くてコスパ抜群!

 

 

5. MillenVPN

数少ない純国産VPN。ユーザーインターフェースやサポートはすべて日本語。VPN初心者にもおすすめ。

月額料金(税込):
・2年プラン:396円
・1年プラン:594円
・1ヶ月プラン:1,738円

[サーバー数:1,300以上(72ヶ国) /暗号化:AES-256-CBC/同時接続数:10台/ログなし:〇/対応OS:Windows、MacOS、Android、iOS/30日間返金保証]

\月額396円から利用可能!/
公式サイトはこちら

 

PS5にVPNを設定する方法

PS5にVPNを導入する主な方法は、ルーターとスマートDNS機能を利用する2つのパターンがあります。

ルーターへのVPN設定

1. VPNのIPアドレスを確認
2. ルーターのIPアドレスを確認
3. ルーターにアクセス
4. 許可設定にVPN用のIPアドレスを入力
5. PS5側でVPN設定済みのルーターを選択

スマートDNS機能の活用

1. スマートDNSに対応したVPNと契約
2. VPNの設定ページでスマートDNS用のIPアドレスを取得
3. PS5の「ネットワーク→カスタム」で手動設定
4. インターネット接続をテスト
5. PS5を再起動

いずれの方法も、手順に沿って丁寧に設定を進めれば問題なくVPNを導入できるはずです。

PS5でのVPN利用に関するよくある質問

最後に、PS5ユーザーからのVPNに関する疑問にお答えします。

Q. PS5でVPNを使うのは違反(グリッチ)?

A. PSNの利用規約に直接の禁止事項はないため、VPN使用は違反行為にはなりません。ただし、グレーゾーンであることは認識しておきましょう。

Q. 無料VPNでも大丈夫?

A. 無料VPNは機能やセキュリティに不安があるため、おすすめできません。月額数百円からの有料VPNサービスの利用をおすすめします。

Q. VPNを使えばゲーム速度は上がる?

A. 必ずしも速度向上は保証できませんが、物理的に近いサーバーを利用することでping値の改善は期待できるかもしれません。

Q. VPNはゲーム中ずっとつないでおく必要がある?

A. DDoS攻撃などのリスクを防ぐには、プレイ中も常時VPN接続がおすすめです。

Q. 実際にVPNを使っているプロゲーマーはいるの?

A. 有名プレイヤーほど標的にされやすいため、VPNを導入しているプロゲーマーやストリーマーは多いです。ping値改善のメリットもあるでしょう。

PS5向けVPNまとめ

- PSNの規約上、VPN利用は違反行為ではないがグレーゾーン
- PS5でのVPN導入で、海外コンテンツ視聴や発売日の差を利用した先行プレイが可能に
- DDoS攻撃対策にもVPNは有効
- 無料VPNよりセキュリティ面で優れた有料サービスの利用がおすすめ

本記事で紹介したおすすめVPNを参考に、PS5での安全で快適なオンラインゲーム体験を得られることを願っています。VPN導入にはメリットも多いので、気になる方はぜひ検討してみてください。

 

-VPN