※当サイトの一部記事内には広告が含まれている場合があります。

Gaming PC

『鳴潮』のおすすめゲーミングPCと必要スペック解説!スマホ版との違いやPCプレイのメリットも

 

この記事では、「鳴潮」を快適にプレイするために必要なゲーミングPCのスペックと、おすすめのモデルを目的別に紹介します。
また、スマホ版とPC版の違いや、PCでプレイするメリットについても解説していきます。

「鳴潮」をプレイするのに最適なゲーミングPCまとめ

  1. エントリーモデル(初心者向け):RTX4060搭載PC
  2. ハイスペックモデル(原神を最高設定で遊びたい方向け):RTX4060 Ti搭載PC
  3. ハイエンドモデル(4K画質+動画配信向け):RTX 4070 Ti SUPER搭載PC
  4. ゲーミングノートPC(持ち運び&省スペース重視の方向け):RTX4060搭載ノートPC

それぞれのモデルの特徴や価格帯、メリット・デメリットを詳しく解説していきますので、自分に合ったゲーミングPCを見つけてください。

【エントリーモデル】初心者におすすめのゲーミングPC

NEXTGEAR JG-A5G60

・CPU:Ryzen 5 4500
・GPU:RTX 4060
・メモリ:16GB
・SSD:1TB NVMe

【メリット】

✓低価格ながら安定性が高い
✓高解像度でもカクつきにくい(標準設定で60fps程度のプレイが可能)
✓幅広いPCゲームを問題なくプレイ可能

【デメリット】

✗4K環境(100fpsを超え)には非力

約12万円という比較的リーズナブルな価格ながら、『原神』を含むスマホ対応のPCゲームを快適にプレイできるスペックを備えたモデルです。フルHD解像度であれば、最高画質設定でも60fpsをキープできるパフォーマンスを発揮します。

PCゲーム初心者の方にもおすすめで、『原神』以外のPCゲームも概ね問題なく遊べるでしょう。

【ハイスペックモデル】原神を最高設定で遊び尽くせるゲーミングPC

NEXTGEAR JG-A7G6T

・CPU:Ryzen 7 5700X
・GPU:RTX 4060 Ti
・メモリ:16GB
・SSD:1TB Gen4

【メリット】

✓最高画質+60fpsで安定動作
✓MOD導入時も軽快に動く
✓性能と価格のバランスが秀逸

【デメリット】

✗4K再生(144Hz以上)には対応モニターが必須

 

『原神』のグラフィックを余すことなく堪能したいなら、「RTX 4060 Ti」を搭載したこのモデルがおすすめです。4K解像度+最高画質設定でもストレスなく遊べるほどのスペックを誇ります。

重量級のPCゲームタイトルでも、標準~高画質設定でプレイ可能。映像のキレイさとヌルヌル感、どちらも妥協したくないPCゲーマーに最適なゲーミングPCと言えるでしょう。

【ハイエンドモデル】4K高画質+動画配信にも対応する超高性能PC

NEXTGEAR JG-A7G7A

・CPU:Ryzen 7 7700
・GPU:RTX 4070 Ti SUPER
・メモリ:16GB
・SSD:1TB Gen4

【メリット】

✓ほとんどのPCゲームが4K60fpsでプレイ可能
✓高画質設定でも120fpsで安定したプレイが可能
✓メモリ増設で最高スペックを発揮

【デメリット】

✗144Hz対応の4Kモニター必須

 

配信活動をお考えの方におすすめなのが、どんなPCゲームでも最高画質の4K解像度でプレイしつつ配信もこなせる超ハイスペックマシンです。

最新世代のGPU「RTX 4070Ti SUPER」を搭載しており、『原神』はもちろん、あらゆるPCゲームタイトルを4K解像度+最高画質設定で60fps以上をキープできます。

各パーツのスペックが非常に高く、その性能をフルに引き出すには、16GBでは心もとないかもしれません。構成変更で32GB以上のメモリを積めば、4K高画質のゲーム映像を配信しながらプレイする、といった本格的な配信環境が整います。プロのストリーマーが使用しているPCもだいたいこのクラスのスペックです。

【ゲーミングノートPC】持ち運びできる高性能ノートPC

NEXTGEAR J6-A5G60GN-A

・CPU:Ryzen 5 7535HS
・GPU:RTX 4060
・メモリ:16GB
・SSD:500GB Gen4
・ディスプレイ:165Hz対応

【メリット】

✓ノートPCとしては高水準のスペック
✓165Hzディスプレイ搭載
✓高解像度でもスムーズな描写(標準設定で60fpsのゲームプレイが可能)

【デメリット】

✗標準のSSD容量が500GBと少ない

 

ノートパソコンでも『原神』を快適にプレイしたいなら、「RTX 4060」を搭載したこのゲーミングノートPCがおすすめです。

スマホ対応PCゲームなら、最高画質設定でも60~120fpsでの動作が可能。ゲームの動作速度を心配せずにプレイに集中できます。165Hzの高リフレッシュレートディスプレイを備えているので、120fpsまでしか対応していない『原神』も、設定画面で120fpsに設定すれば、ヌルヌルの超高画質映像でプレイ可能です。

FPSなどの対戦型ゲームにも使えるほどのハイスペックを備えた汎用性の高いノートPCなので、安定したゲームパフォーマンスを求めるノートPCゲーマーにもおすすめの1台です。ただし、大容量のゲームデータをたくさんインストールしたい場合は、SSDの増設が必要になるでしょう。

 

PC版「鳴潮」の推奨スペック・必要動作環境

『鳴潮』公式サイトに記載されている推奨スペックを元に、ゲームを快適にプレイするために実際に必要なスペックをまとめました。

公式最低スペック

  • OS:64ビット Windows 10・11
  • CPU:インテル i5 (第 9 世代) / Ryzen 2700
  • GPU:GTX 1060 / RX 570 / インテル ARC A380
  • メモリ:16GB
  • ストレージ:30GB以上

公式推奨スペック

  • OS:64ビット Windows 10・11
  • CPU:インテル i7 (第 9 世代) / Ryzen 3700
  • GPU:GTX 2060 / RX 5700XT / インテル ARC A750 以降
  • メモリ:16GB
  • ストレージ:30GB以上

快適プレイに必要なスペック

  • OS:Windows 10・11 64ビット
  • CPU:インテル Core i5 12400 / AMD Ryzen 5 5600X
  • GPU:NVIDIA Geforce RTX 3060
  • メモリ:16GB
  • ストレージ:SSD 50GB以上

グラフィックボードなしでも「鳴潮」はプレイ可能?

『鳴潮』のようなグラフィック性の高い3Dゲームは、専用のグラフィックボード(GPU)を搭載していないPCではプレイできません。最低でも「GTX 1060」レベルのGPUが必要とされています。

内蔵GPUしか搭載していないPCでは、画質が著しく低下したり、フレームレートが安定せずカクカクしてしまい、ゲームを楽しむことができないでしょう。キャラクターを思い通りに操作することも難しくなります。

快適に『鳴潮』を楽しむには、ゲーミングPCの導入が不可欠だと言えます。

 

スマホ版「鳴潮」に必要なスペック

Android

必要スペック

- OSバージョン 7.0以降
- SoC:Snapdragon 835以降 / Mali-G71/72以降

推奨スペック

- OSバージョン 7.0以降
- SoC:Snapdragon gen1+/gen2/gen3, MediaTek同等以上

iOS

必要スペック

- 端末:iPhone11以降
- OSバージョン:iOS13以上

推奨スペック

- 端末:iPhone11以降
- OSバージョン:iOS15以上

 

「鳴潮」をPCでプレイするメリット!スマホ版との違いを解説

操作性が大幅に向上する

『鳴潮』では、素早い判断と的確なアクションが求められるため、操作性の高さが非常に重要です。スマホ版とPC版を比べると、キーボード+マウス、あるいはゲームパッドでのプレイは、タッチ操作よりも格段に優れた操作性を実現できます。

60fpsを超える滑らかな映像表示も、的確な操作に欠かせません。『鳴潮』の要である「ジャスト回避」を成功させるには、60fps以上の環境が必須条件となるのです。

高画質な配信環境を構築できる

「鳴潮」の魅力を存分に伝えるゲーム実況配信がしたいなら、ゲーミングPCの出番です。モバイル端末での配信も可能ですが、高画質で安定したfpsを維持するのは難しく、発熱やバッテリー負荷の問題もつきまといます。

ゲーミングPCであれば、これらの悩みから解放され、オーバーレイ表示のレイアウト調整など、配信画面の見栄えにもこだわれます。プレイしながらの快適な実況配信を実現できるでしょう。

圧倒的な映像美を堪能できる

『鳴潮』の緻密に描き込まれたグラフィックは、高解像度・高画質環境で楽しみたい魅力の一つ。ゲーミングPCの高いスペックを活かせば、その美麗な世界観を思う存分堪能できます。

スクリーンショットの鮮明さにもこだわれるので、SNSでの共有も一段と映えること間違いなしです。「ネクストギア JG-A5G60」クラスのPCでも、申し分ない画質を実現可能。『鳴潮』の持つ表現力を最大限に引き出せるはずです。

 

人気BTOショップ3社の特徴を比較

ゲーミングPCの購入を検討する際、BTOショップの選択肢が多すぎて迷ってしまうかもしれません。そこで、人気の3社「ドスパラ」「マウスコンピューター」「パソコン工房」の特徴を比較してみましょう。

ドスパラ [ガレリア]

 

ドスパラの強みは、豊富な即納在庫短納期。人気モデルも即日出荷される場合が多く、早く手元に届けてほしい人におすすめです。
ゲーミングブランド「ガレリア」は、エントリーモデルからハイエンドまで幅広いラインナップを誇ります。人気ストリーマーとのコラボモデルも要チェックです。

 

マウスコンピューター [G-Tune]

 

マウスコンピューターの「G-Tune」ブランドは、プロeスポーツチーム御用達の実力派。安定した高品質と豊富なカスタマイズ性が魅力です。
特に電源ユニットに余裕があるので、GPUの増設やCPUのオーバークロックにも対応可能。パーツのアップグレードを見据えている人に最適と言えるでしょう。

 

パソコン工房 [LEVEL∞(レベル インフィニティ)]

 

LEVEL∞は、老舗のパソコンショップ「パソコン工房」のゲーミングPCブランドです。

パソコン工房の「LEVEL∞」は、人気クリエイターやVTuberとのコラボモデルが目白押し。推しの実況者が使用する機種と同じものが欲しいなら、ここで探してみるのがよいでしょう。
細かいスペック違いの製品が多数ラインナップされているので、予算と性能のバランスを調整しやすいのも嬉しいポイントです。

 

「鳴潮」におすすめのゲーミングPCの選び方

『鳴潮』をプレイするのに最適なゲーミングPCを選ぶ際は、以下の点に注目してみてください。

予算に応じたクラス分け

10万~15万円:エントリークラス

ライトゲーマー向け。スマホゲームは快適、PCゲームは中~低画質

15万~20万円:ミドルクラス

PCゲームを高画質で遊びたい人向け。144fpsにも対応

20万~25万円:ミドルハイクラス

PCゲームを最高画質で楽しみたい人向け。配信環境も整える

25万円~:ハイエンドクラス

妥協なきハイスペックマシンで、ゲームも配信も思いのまま

目的の解像度とフレームレートで選ぶ

  • フルHD/60fps~:ネクストギア JG-A5G60
  • 4K/60fps~:ネクストギア JG-A7G6T
  • 4K/60fps+配信:ネクストギア JG-A7G7A

ゲーミングデスクトップ or ゲーミングノート

デスクトップ

高い拡張性、コストパフォーマンス◎、大画面でプレイできる

ノートPC

省スペース、持ち運び可能、出張・旅行先でもゲームを楽しめる

他のゲームとマルチで遊ぶなら、推奨スペックを要確認

『鳴潮』以外のPCゲームもプレイ予定なら、遊びたい全タイトルの推奨スペックを満たすマシンを選びましょう。
特にグラフィック負荷が高いタイトルは、一般的なスマホゲーム以上のスペックを要求します。しっかりとチェックしておくことが肝心です。

 

『鳴潮』ゲーミングPC選びのQ&A

『鳴潮』を高画質&60fpsでプレイできる最小スペックは?

CPU:Core i5 12400 / Ryzen 5 5600X、GPU:RTX 3060、メモリ:16GB

『鳴潮』快適プレイ用のゲーミングPCの相場は?

エントリーモデルで10万円前後。より高いパフォーマンスが欲しい場合は、15万円以上のミドルクラス以上がおすすめ。

ゲーミングノートPCでも問題なくプレイ可能?

ゲーミングノートであれば可能。ただし画面サイズは13インチ以上を選ぶと操作性UP。

普通のノートPCやオフィス用PCでは無理?

搭載GPUがないと厳しい。グラフィック性能不足でまともにプレイできません。

 

まとめ

『鳴潮』を楽しむなら、ゲーミングPCの導入がおすすめです。高いフレームレートと解像度で、アクションゲームとしての魅力を存分に味わえます。
予算や目的に合わせて、エントリーモデルからハイエンドまで、最適なゲーミングPCを選んでください。スマホ版とはひと味違う、リッチなゲーム体験があなたを待っています。

-Gaming PC