※当サイトの一部記事内には広告が含まれている場合があります。

Gaming PC

『モンスターハンター ワイルド』の推奨スペックを完全解説!おすすめゲーミングPCもご紹介

 

モンスターハンターシリーズの最新作『モンスターハンター ワイルド』の発売が決定し、ファンの間で大きな話題となっています。この記事では、本作を快適にプレイするために必要なPCスペックと、おすすめのゲーミングPCを詳しく解説します。

『モンスターハンター ワイルド』の発売日について

 

正式な発売日は未定ですが、2025年中のリリースが予定されています。前作『モンスターハンターライズ』はコロナ禍の影響下でも無事発売されたため、大幅な延期の可能性は低いと考えられます。

 

『モンスターハンター ワイルド』を快適プレイするためのゲーミングPC解説

スペック別!おすすめゲーミングPCの一覧

モデル

CPU

GPU

メモリ

ストレージ

特徴・用途

ネクストギア JG-A5G60

Ryzen 5 4500

RTX4060

16GB

1TB NVMe SSD

低価格でフルHD/60fpsでのプレイが可能

ネクストギア JG-A7G6T

Ryzen 7 5700X

RTX4060Ti

16GB

1TB Gen4 SSD

高画質MODを導入してもストレスなくプレイできる

ネクストギア JG-A7G7A

Ryzen 7 7700

RTX4070 Ti SUPER

16GB

1TB Gen4 SSD

4K高画質でのプレイや動画配信に最適

ネクストギア J6-A5G60GN-A

Ryzen 5 7535HS

RTX4060

16GB

500GB Gen4 SSD

どこでもPCゲームを楽しめる高性能ゲーミングノート

本作は家庭用ゲーム機とPCのみ対応で、グラフィック品質も大幅に向上しています。
ゲーム映像を見る限り、ハイスペックなPCでのプレイがおすすめです。以下、用途別に最適なゲーミングPCをご紹介します。

【初心者向け・低価格】高画質60fpsプレイが可能なエントリーモデル

NEXTGEAR JG-A5G60

・CPU:Ryzen 5 4500
・GPU:RTX 4060
・メモリ:16GB
・SSD:1TB NVMe

【メリット】

✓低価格ながら安定性が高い
✓高解像度でもカクつきにくい(標準設定で60fps程度のプレイが可能)
✓幅広いPCゲームを問題なくプレイ可能

【デメリット】

✗4K環境(100fpsを超え)には非力

『モンスターハンター ワイルド』を手頃な価格で高画質にプレイしたい方におすすめのエントリーモデルです。最新世代パーツ採用により、高解像度設定でも概ね60fpsでの快適プレイが見込めます。

【高画質志向・MOD導入】4K高フレームレート対応ミドルレンジモデル

NEXTGEAR JG-A7G6T

・CPU:Ryzen 7 5700X
・GPU:RTX 4060 Ti
・メモリ:16GB
・SSD:1TB Gen4

【メリット】

✓最高画質+60fpsで安定動作
✓MOD導入時も軽快に動く
✓性能と価格のバランスが秀逸

【デメリット】

✗4K再生(144Hz以上)には対応モニターが必須

 

『モンスターハンター ワイルド』の映像美を存分に堪能したい方や、MOD導入プレイを検討中の方に最適なミドルスペックマシンです。高負荷の4K解像度でも安定したフレームレートを実現し、ゲーム体験を格段に向上させます。

【配信者向け】4K高フレームレート+配信対応ハイエンドモデル

NEXTGEAR JG-A7G7A

・CPU:Ryzen 7 7700
・GPU:RTX 4070 Ti SUPER
・メモリ:16GB
・SSD:1TB Gen4

【メリット】

✓ほとんどのPCゲームが4K60fpsでプレイ可能
✓高画質設定でも120fpsで安定したプレイが可能
✓メモリ増設で最高スペックを発揮

【デメリット】

✗144Hz対応の4Kモニター必須

 

『モンスターハンター ワイルド』を究極画質で楽しみつつ、高品質な実況配信もしたいというハイスペック志向のユーザー様におすすめの一台です。最高負荷の4K解像度でも60fpsを優に上回るパフォーマンスを誇り、滑らかで美しいゲーム映像配信を可能にします。購入時のメモリ増設オプションもぜひご検討ください。

【ノートPC】どこでも快適プレイできるゲーミングノート

NEXTGEAR J6-A5G60GN-A

・CPU:Ryzen 5 7535HS
・GPU:RTX 4060
・メモリ:16GB
・SSD:500GB Gen4
・ディスプレイ:165Hz対応

【メリット】

✓ノートPCとしては高水準のスペック
✓165Hzディスプレイ搭載
✓高解像度でもスムーズな描写(標準設定で60fpsのゲームプレイが可能)

【デメリット】

✗標準のSSD容量が500GBと少ない

 

外出先でも『モンスターハンター ワイルド』を思う存分楽しみたいという方には、「RTX 4060」搭載のハイスペックゲーミングノートがおすすめです。高解像度設定時でも滑らかな60fps超えのゲームプレイを実現可能。ストレージ不足が心配な方は外付けSSDの導入もご一考ください。

 

BTOショップ別の特徴比較

ゲーミングPCを選ぶ際、BTOショップ選びも重要なポイントです。各ショップの特徴を把握し、自分に合ったモデルを見つけましょう。

ドスパラ[ガレリア]

 

eスポーツ大会向けデバイス提供実績もあるドスパラのゲーミングPCブランド。
初心者からプロまで幅広いユーザー層に支持されています。最短即日発送対応など、スピーディーな納品が強みです。人気配信者とのコラボモデルも随時販売中。

マウスコンピューター[G-Tune]

 

プロeスポーツチームへの機材提供など、国内eスポーツシーンを支えるゲーミングPCブランド。
十分な電源容量と拡張性の高さが特徴で、パーツのカスタマイズ性に優れています。製造工程の全てを国内で行うことで高い品質を実現しています。

パソコン工房[LEVEL∞]

 

著名ストリーマーやプロゲームチームとのコラボレーションモデルを多数展開するゲーミングPCブランド。
幅広い予算に対応した豊富なラインナップを取り揃えています。微妙なスペック違いのモデルも用意されており、こだわりのマシン選びが可能です。

 

『モンスターハンター ワイルド』推奨スペックと必要動作環境

 

本作の推奨スペックはまだ公式発表されていませんが、先行して判明している情報をもとに、快適プレイに必要なPCスペックを以下にまとめました。

【推定推奨スペック】

  • OS:64bit版 Windows 10/11
  • CPU:Intel Core i5 第9世代以降 / AMD Ryzen 5 3500以降
  • GPU:NVIDIA GeForce RTX 2060(VRAM 3GB以上)/ AMD Radeon RX 6600以上
  • メモリ:16GB以上

【60fps安定プレイに必要なスペック】

  • OS:64bit版 Windows 10/11
  • CPU:Intel Core i5 12600 / AMD Ryzen 5 5700X
  • GPU:NVIDIA Geforce RTX 4060Ti
  • メモリ:16GB以上

本作は先行情報から見るに、かなりの高負荷が予想されるタイトルです。
次世代機向けに開発された最新作だけに、推奨スペックもかなりのハイスペックが求められそうです。

 

『モンスターハンター ワイルド』はグラフィックボード非搭載PCでプレイ可能?

 

結論から言うと、グラフィックボード(GPU)を搭載していないPCでは、『モンスターハンター ワイルド』を快適にプレイすることはできません。起動はできたとしても、グラフィック性能不足により、カクつきや激しいフレームレート低下が発生するでしょう。

本作のプレイには「NVIDIA GeForce RTX 2060」以上のGPUが必須と見られ、それに匹敵する性能のオンボードグラフィック(CPU内蔵GPU)は現時点では存在しません。加えて、本作はマルチプレイ主体のゲームであるため、自分だけがローススペックだと他プレイヤーの迷惑になりかねません。

以上の理由から、GPUを搭載しないPCでの『モンスターハンター ワイルド』プレイは非推奨となります。ゲーミングPCの導入を強くおすすめします。

 

ゲーミングPCで『モンスターハンター ワイルド』をプレイするメリット

 

本作のPC版には、家庭用ゲーム機版にはないメリットがいくつもあります。その一部を以下に紹介します。

高画質グラフィックによる感動のゲーム体験

『モンスターハンター ワイルド』は、シリーズ随一の高精細グラフィックを実現しています。細部まで作り込まれたモンスターデザイン、ダイナミックなアクションシーン、リアルな自然環境表現など、あらゆる面で圧倒的なクオリティアップが図られています。

これらのビジュアル表現を余すところなく堪能できるのが、高性能なゲーミングPCです。家庭用ゲーム機をはるかに上回る解像度とフレームレートで、これまでにない感動のゲームプレイを体験できるでしょう。

DLSS対応で高画質と高フレームレートを両立

ゲーミングPCの大きな強みの一つが、NVIDIA製GPUに搭載されている「DLSS」への対応です。DLSSとは、AI技術を活用して画質を落とさずにフレームレートを向上させる機能のこと。

『モンスターハンター ワイルド』のようなグラフィック負荷の高いゲームでは、DLSSの恩恵を大いに受けることができます。4KやフルHDなどの高解像度設定でも、滑らかな60fpsプレイが可能になるのです。

なお、DLSSの使用にはRTX 20/30/40シリーズのグラフィックボードが必須となりますが、現行のゲーミングPCであれば概ね標準搭載されているため、導入の心配は無用です。

MOD対応で自分好みにカスタマイズ可能

PC版の大きな魅力として、MOD(ゲーム改造ファイル)への対応が挙げられます。過去のモンハンシリーズでは、ユーザー制作の多彩なMODが公開されてきました。

具体的には、見た目や性能を変更する装備MOD、アイテムドロップ率を上げるMOD、戦闘補助機能を追加するMODなど、実に様々なカスタマイズが可能です。これらのMODを導入することで、自分好みの『モンスターハンター ワイルド』をつくりあげられるのです。

MODが使用できるのはPC版だけの特権です。家庭用ゲーム機版にはない、大きなアドバンテージと言えるでしょう。ゲーミングPCを導入して、オリジナリティあふれるモンハンライフを満喫してみてはいかがでしょうか。

 

ゲーミングPCの選び方

 

『モンスターハンター ワイルド』のためにゲーミングPCの購入を検討中の方も多いことでしょう。しかし、モデルが多数あるため、どれを選んだらいいのか迷ってしまうのも無理はありません。

そこで、ゲーミングPCを選ぶ際の主なポイントを以下にまとめてみました。

予算に応じて選ぶ

  • 10万円台
    エントリークラス(快適な60fpsプレイは可能だが、最新タイトルは要設定調整)
  • 15~20万円台
    ミドルクラス(ほぼ全てのタイトルを高画質でプレイ可能)
  • 20~25万円台
    ミドルハイクラス(高負荷設定でも安定した高フレームレート実現)
  • 25万円以上
    ハイエンドクラス(4K高フレームレート+配信も難なくこなせる)

ゲーミングPCの価格は、搭載パーツのグレードにより大まかに決まります。上記の表を参考に、要望に合ったクラスのPCを選びましょう。『モンスターハンター ワイルド』のような最新タイトルを快適にプレイしたいなら、ミドルクラス以上がおすすめです。

目的の解像度とフレームレートで選ぶ

  • 低価格でもフルHD60fps対応 → ネクストギア JG-A5G60
  • 4K解像度でも安定60fps超え → ネクストギア JG-A7G6T
  • 配信時のパフォーマンスを重視 → ネクストギア JG-A7G7A

ゲーミングPCを選ぶ際は、目的のプレイ環境に適したスペックを見極めることが肝心です。上記のように、解像度とフレームレートの優先度に応じて最適なモデルは異なります。

『モンスターハンター ワイルド』をできるだけ安価に、そこそこのクオリティでプレイしたいのであればエントリークラスでも問題ありません。一方で、同作の美麗グラフィックを最大限堪能したいなら、4K解像度&60fps超え対応のミドルハイクラス以上が無難でしょう。

デスクトップかノートPCかで選ぶ

デスクトップPCの利点

- 同価格帯のノートPCより高性能
- カスタマイズ性と拡張性が高い

ノートPCの利点

- 携帯性に優れ、出先でもゲームプレイ可能
- スペースをとらないコンパクト設計

ゲーミングPCと一言で言っても、デスクトップとノートでは特性が大きく異なります。自宅での使用がメインなら、高性能・高コストパフォーマンスのデスクトップがおすすめです。一方、外出先でもゲームを楽しみたいなら、携帯性に優れたゲーミングノートPCが最適と言えます。

 

まとめ:『モンスターハンター ワイルド』に最適なゲーミングPCのポイント

『モンスターハンター ワイルド』に最適なゲーミングPCを購入する際のポイントは、まとめると以下になります。

『モンスターハンター ワイルド』に最適なゲーミングPCのポイント

  • 『モンスターハンター ワイルド』以外のゲームプレイも視野に入れる
  • パーツのスペックがわからない場合は予算重視で選ぶ
  •  動画配信をする場合はミドルハイクラス以上がおすすめ
  • こだわりの部分(グラフィック、携帯性など)を最優先で選ぶ
  • 必要に応じて周辺機器(モニター、キーボードなど)もセットで購入する
  • カスタマイズ可能なBTOショップを利用する

最後に『モンスターハンター ワイルド』におすすめのゲーミングPCを改めてご紹介します。
ぜひ購入の際の参考にしてください。

  1. ネクストギア JG-A5G60(エントリー)
  2. ネクストギア JG-A7G6T(ミドル)
  3. ネクストギア JG-A7G7A(ミドルハイ)
  4. ガレリア XL7C-R46(ゲーミングノート)

>>>【関連】『モンスターハンター ワールド』に最適なゲーミングPCのポイントとスペックを解説

-Gaming PC