※当サイトの一部記事内には広告が含まれている場合があります。

VPN

【無料】WeTVを日本から見る方法!VPNで簡単に中華ドラマを楽しむ

 

中華圏や東南アジア発の人気ドラマや映画を楽しめるWeTV。しかしながら、日本からは一部のコンテンツしか視聴できないのが現状です。地域制限(ジオブロック)により、指定された国や地域以外からアクセスすると、コンテンツがブロックされてしまうのです。

そこで活用したいのが、VPN(仮想プライベートネットワーク)サービスです。VPNを利用すれば、海外のサーバーを経由して WeTVにアクセスできるので、まるで現地にいるかのように、ストレスなくコンテンツを楽しめます。

この記事では、日本在住の方が WeTVを快適に視聴するための方法を詳しく解説します。VPNの仕組みや、おすすめのVPNサービス、具体的な設定方法まで、実践的な情報が満載です。無料VPNのリスクについても触れているので、安全にWeTVを楽しみたい方は必見です。

WeTVが日本から視聴できない理由とは?

日本からWeTVにアクセスすると、配信されているコンテンツの一部が視聴できない場合があります。これは、地域制限(ジオブロック)が原因です。

ジオブロックとは、インターネット上のコンテンツを特定の地域からのみアクセス可能にする技術的な制限のこと。WebサイトやオンラインサービスがユーザーのIPアドレスを判別し、それを基に地理的な位置を推測します。そして、指定された地域以外からのアクセスを制限するのです。

ジオブロックが設定される理由としては、著作権法、ライセンス契約、各国の法規制などが挙げられます。WeTVの場合、配信する作品ごとに、視聴可能な地域が異なっているのです。

VPNを使えば日本からWeTVを快適に視聴可能!

ジオブロックによりWeTVの視聴が制限されている日本でも、VPNサービスを活用すれば問題なく利用できます。VPNは、インターネット上に安全な通信トンネルを構築し、ユーザーの通信データを暗号化します。これにより、IPアドレスを隠蔽し、あたかも海外からアクセスしているかのように見せかけられるのです。

つまり、VPNで香港のサーバーに接続すれば、日本にいながらWeTVのコンテンツを存分に楽しめるというわけです。さらに、通信の暗号化によってプライバシー保護も強化されるので、安心・安全にインターネットを利用できます。

VPNサービスの利点


- 海外の動画配信サービスやWebサイトに、現地からアクセスするかのようにアクセスできる
- 通信データが暗号化されるため、プライバシーが保護される
- ウイルス対策ソフトとの併用で、セキュリティがさらに強化される

日本からWeTVを視聴するのにおすすめのVPN 5選

数あるVPNサービスの中から、WeTVの視聴に最適な5つをピックアップしました。それぞれの特徴を比較しながら、自分に合ったサービスを選びましょう。

1. ExpressVPN|日本人ユーザーに人気の高速VPN

ExpressVPNは日本人ユーザーが多くてオススメ!

ExpressVPNは英領ヴァージン諸島に本拠を置く海外VPNサービスです。2009年から運営されており、NordVPNと並んで知名度・人気が高く、全世界で400万人以上のユーザーを獲得しています。

ExpressVPNの最大の特長は、その名の通り非常に快適で速い通信速度を誇る独自プロトコル「Lightway」です。大容量の画像やビデオのダウンロード・アップロードが頻繁に発生する場合でも、ExpressVPNの優れた通信速度によってこれらのコストを削減し、作業により多くの時間を充てられます。

セキュリティ面でも、ノーログポリシー、VPN接続切断時にインターネット通信を自動遮断するキルスイッチ、AES-256暗号化など十分な対策が施されており、安心して利用できます。

短期・長期どちらのプランも他のVPNサービスと比べるとやや価格が高めなのが難点ですが、多少高くても良いものを使いたい方には特におすすめのVPNサービスと言えるでしょう。

ただし、同時接続可能台数は5台とやや少ないので、会社や家族など大人数での利用には向きません。


- 400万人以上のユーザーを擁するグローバル規模のVPNサービス
- AES-256bitの軍事レベルの暗号化技術を採用
- ユーザー情報を一切記録しないゼロログポリシー
- サーバー接続からわずか数秒で利用可能
- 30日間の返金保証制度あり

月額料金:
・1ヶ月プラン:$12.95
・6ヶ月プラン:$9.99
・12ヶ月プラン:$6.67

サーバー数
1,300以上(72ヵ国)

暗号化方式
AES-256-CBC

同時接続台数
10台

ログ保存ポリシー
ノーログポリシー対応

対応OS
Windows/MacOS/Android/iOS

返金保証
30日間

\お得なVPN割引実施中!/
公式サイトはこちら

2. NordVPN|高い安全性と使いやすさが魅力

Nord VPNは業界No.1の大人気VPN!

ordVPNは2012年にサービスを開始したパナマ拠点の老舗海外VPNサービスです。
1,500万人以上のユーザーを抱え、世界60ヵ国以上に6,000台以上の高速VPNサーバーを展開。

混雑の少ない安定した通信環境を提供しているので、大容量の画像データの編集・アップロード・ダウンロードが発生する作業でも、通信速度が落ちることがありません。

セキュリティ面でも、政府機関や軍でも採用される非常に高い水準の堅牢な暗号化技術「AES-256」を採用しています。

NordVPNの通信ネットワークが高品質なのは、他社にはない独自の通信プロトコル「NordLynx」を採用しているからです。さらに、「ノーログポリシー」「30日間返金保証」「6台同時接続」など、VPN導入ユーザーが最低限求めるサービスを、初心者から上級者まで幅広いユーザー層に提供しています。

あらゆる面で完璧で質の高いサービスを提供するNordVPNの唯一の欠点は、サポートなど一部の機能が完全に日本語化されておらず、翻訳に頼らざるを得ない点です。


- 1,500万人以上のユーザーを抱える人気プロバイダー
- 政府機関や軍でも採用されているAES-256bitの高度な暗号化技術
- 独自プロトコル「NordLynx」による高速通信
- ログを一切保存しないノーログポリシーでプライバシーを厳守
- 24時間365日対応のカスタマーサポート

月額料金(税込):
・1ヶ月プラン:1,960円
・12ヶ月プラン:690円
・24ヶ月プラン:460円

サーバー数
5,600以上(60ヵ国以上)

暗号化方式
AES-256ビット

同時接続台数
6台(1アカウントあたり)

ログ保存ポリシー
ノーログポリシー対応

対応OS
Windows、MacOS、Linux、Android、iOS

\30日間全額返金保証/
公式サイトはこちら

 

3. Surfshark|無制限デバイス接続可能でコスパ抜群

Surfshark VPNは安いし接続スピードも速い!

Surfsharkは英領ヴァージン諸島を拠点とする海外VPNサービスです。2018年にサービスを開始した後発組ですが、同時接続台数無制限でコストパフォーマンスに優れると好評で、徐々に人気が高まっています。

複数メンバーとの共同作業や家族でのシェアを考えると、1~2台のデバイス接続では明らかに不十分です。デバイス接続台数無制限のSurfsharkは、そんなニーズにぴったりのVPNサービスと言えるでしょう。

広告やマルウェアのブロック機能も備わっているので、快適なインターネット通信が可能な多機能ぶりです。

価格の面でも、2年プランに加入すれば月額わずか400円程度で利用でき、接続台数無制限という点も含めて考えるとコストパフォーマンスは抜群に高いと言えます。

Surfsharkは6台以上のデバイスやゲーム機を使用する方、コストパフォーマンスを重視する方に特におすすめのVPNサービスです。


料金プラン(すべてのプランで30日間返金保証付き):
- 1ヵ月プラン:2,308円/月
- 12ヵ月プラン:月額488円
- 24ヵ月プラン:月額358円

サーバー数
3,000以上(94ヵ国の60都市)

暗号化方式
AES-256ビット

同時接続台数
無制限

ログ保存ポリシー
ノーログポリシー対応

返金保証
30日間

サポート
メール/チャット

運営会社
ExpressVPN International Ltd.

短期プランは少し高めですが、2年プランなら月額400円を切る料金で利用できるのはかなりお得。とにかく安く済ませたいという方は検討してみてください。

\お得なVPN割引実施中!/
公式サイトはこちら

 

4. CyberGhost|月額料金が安くて初心者でも使いやすい

CyberGhost VPNは安くてコスパ抜群!

 

 

5. MillenVPN

MillenVPNは、日本企業の アズポケット社が提供する国産のVPNサービス。

海外勢が目立つVPN業界において数少ない日本語によるサービスであり、英語が苦手な人でも安心して使えます。

独自の機能は少ないものの、VPNとして必要十分な機能を備えており、初心者にもおすすめできる内容です。


料金プラン(30日間返金保証あり):
- 1ヶ月プラン:1,738円/月
- 1年プラン:月額594円(年額7,128円)
- 2年プラン:月額396円(2年分一括払い)

サービスの信頼性を重視するなら、国内法人の提供するMillenVPNは安心感があります。日本語でのサポートも受けられるので、VPN選びに迷ったらぜひ検討してみてください。

\2年プランなら月額396円/
公式サイトはこちら

 

VPNを使って日本からWeTVを視聴する具体的手順

ここでは、NordVPNを例に、VPNを利用してWeTVを視聴する方法を解説します。他のVPNサービスでも、基本的な手順は同じです。

手順


1. VPNサービス(NordVPN)に登録
2. VPNアプリをダウンロード・インストール
3. アプリを起動し、香港のサーバーに接続
4. WeTVの公式サイトにアクセス
5. アカウントを作成またはログインして視聴開始

まずはNordVPNの公式サイトにアクセスし、利用プランを選択して登録手続きを進めます。決済が完了したら、お使いのデバイスにVPNアプリをダウンロード・インストールしましょう。

アプリを起動し、香港のサーバーに接続。これで、日本のIPアドレスから香港のIPアドレスに切り替わります。あとはWeTVの公式サイトにアクセスし、アカウントを作成またはログインすれば、動画を楽しむことができます。

スマートフォンでWeTVを視聴する方法

スマートフォンでWeTVを視聴する場合も、基本的な手順はPCと同じです。VPNアプリとWeTVアプリの両方をインストールし、VPNで香港のサーバーに接続した状態でWeTVアプリを起動しましょう。

無料VPNでWeTVを視聴するのは危険?

無料のVPNサービスを利用すれば、お金をかけずにWeTVを視聴できるかもしれません。しかし、セキュリティやプライバシーの面でリスクが高いため、おすすめできません。


無料VPNのデメリット
- ユーザーの行動履歴や個人情報が収集・販売される恐れ
- 脆弱な暗号化技術でセキュリティが不十分
- 通信速度が遅く、安定性にも欠ける
- 広告表示が煩わしい

無料VPNの多くは、ユーザーのデータを収集・販売することで収益を得ています。また、セキュリティ対策が不十分なため、個人情報の漏洩や、ウイルス感染のリスクもあります。通信速度や安定性も有料サービスには及ばず、広告表示によるストレスも大きいでしょう。

WeTVを安全かつ快適に楽しむためには、信頼できる有料VPNサービスの利用がおすすめです。

WeTVの概要

WeTVは、中国の大手テクノロジー企業テンセントが運営する動画配信プラットフォームです。中国や韓国、東南アジア諸国の人気ドラマ、映画、バラエティ番組、ドキュメンタリーなどを配信しています。また、WeTV独自のオリジナルコンテンツも展開。東アジアのエンターテインメントを楽しみたい方におすすめのサービスと言えるでしょう。

日本からWeTVを視聴する際のよくある質問

VPNを使ってWeTVを視聴するのは違法?

日本ではVPNの使用自体は合法です。個人的に楽しむ目的でVPNを利用し、WeTVを視聴する分には問題ありません。

WeTVには日本語字幕はある?

一部の作品では日本語字幕が提供されていますが、まだ多くはありません。PCのブラウザに翻訳機能の拡張機能を導入するのも一案です。

WeTVを無料で視聴できる?

基本的にWeTVは無料で視聴可能ですが、一部の作品は有料会員向けのコンテンツとなっています。すべての機能を利用したい方は、有料会員登録がおすすめ。

VPNを使っているのにWeTVにアクセスできない

VPNが正常に機能していない可能性があります。VPNアプリが起動中で、香港のサーバーに接続されているか確認しましょう。リージョン違いのサーバーではアクセスできません。また、サーバーの混雑や、キャッシュの残存によるエラーも考えられます。接続するサーバーを変更したり、キャッシュを削除したりしてみてください。

日本からWeTVを楽しもう!【まとめ】

日本では通常視聴できないWeTVも、VPNサービスを活用すれば、簡単にアクセスできます。NordVPNやミレンVPN、ExpressVPNなどの信頼性の高いVPNを利用し、高品質なアジアンエンターテインメントを楽しみましょう。無料VPNは安全性に欠けるため、有料サービスの利用をおすすめします。

この記事を参考に、お気に入りのVPNサービスでWeTVライフを満喫してくださいね。

-VPN